予防接種のご案内

肺炎球菌ワクチン接種について

肺炎球菌ワクチンとは

肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるいろいろな病気 (感染症)を予防するためのワクチンです。従って、肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌以外の原因による病気(感染症)に対しては残念ながら予防効果 はありません。肺炎を例にとると、肺炎の原因となる微生物には各種細菌や ウイルスなど、たくさんの種類があります。このワクチンは、1回の接種で いろいろな型に効くようにつくられています。

接種対象者

高齢者(特に65歳以上)の方、心臓や呼吸器に慢性疾患のある、腎不全・ 肝機能障害・糖尿病の方、脾臓摘出などで脾機能不全のある方

接種の期間

肺炎球菌ワクチンの接種時期は1年通していつでもできますが、冬季に風邪を 契機に肺炎を発症する事が多く、インフルエンザワクチンとの併用効果も期待 できるため、冬に入る前に接種するのが望ましいと言われています。その場合 インフルエンザワクチン接種と最低1週間以上の間隔をあけて接種します。

効果の持続期間

人によって異なりますが。1回接種すると、約5年間ほど免疫が持続すると 言われています。

[ 平成29年度 柏市高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種化 ]

★柏市では、高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種を行っております。

実施期間

平成29年4月1日~平成30年3月31日
※インフルエンザワクチンとの併用接種も可能です。
 その場合 インフルエンザワクチン接種と最低1週間以上の間隔をあけて接種します。

自己負担

自己負担額:3,000円(1回限り)

接種対象者

柏市に住民登録があり、今までに肺炎球菌ワクチンを1度も接種したことのない
次のいずれかに該当する者

(1)該当する年度に65歳(昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生)となる方

(2)接種時に満60~65歳未満の者であって、心臓・腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の
   日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する者及びヒト免疫不全ウイルスに
   より免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する者
   ※身体障害者手帳又は、医師の診断書の提出が必要です。

平成29年度の経過措置対象者

平成29年4月1日~平成30年3月31日までは、経過措置として、以下の対象の方は、定期接種として1回受けることが出来ます。

70歳 昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生の方
75歳 昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生の方
80歳 昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生の方
85歳 昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生の方
90歳 昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生の方
 95歳 大正11年4月2日生~大正12年4月1日生の方 
100歳 大正6年4月2日生~大正7年4月1日生の方 

※ 事前予約は、受付もしくはお電話にてご連絡下さい。
  随時受付しております。
  TEL:04-7166-3333

営業時間

受付開始:診療開始時間の30分前受付終了:診療終了時間の15分前

※日曜診療や、平日は夜間診療(20時まで)も行っています。
※毎週木曜はX線検査・超音波検査などを行っています。
※土曜・日曜にも診療及び胃腸検査が出来ます。

医療法人社団 エターナルウッド会森永胃腸科外科

外観

〒277-0071 千葉県柏市豊住4-4-30

TEL:04-7166-3333
FAX:04-7166-3337

交通案内はこちら
  • 内科
  • 消化器内科
  • 肝臓内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病内科
  • 消化器外科
  • 内視鏡外科
  • 肛門外科
森永胃腸科外科だからできる安心の診療

PAGE TOP